1. トップ
  2. 資料室
  3. 『能 おおしま草紙 ミニ版』

『能 おおしま草紙 ミニ版』

大島能楽堂が折々にお配りしているミニ情報誌です。
サムネイルをクリックするとPDFファイルが開きます。

第9号2022(令和4)年6月

草紙ミニ版09号
能「月宮殿」の子方、鶴と亀
大島泰子
能「月宮殿」大島家関係の演能記録

第8号2021(令和3)年12月

草紙ミニ版08号
能舞台に棲む魔女
平本弘子(声楽家)

第7号2021(令和3)年11月

草紙ミニ版07号
はじめての能舞台 設計に関わって
田野倉徹也(数寄屋建築家)

第6号2021(令和3)年9月

草紙ミニ版06号
第一回大島輝久の會 能「望月」を終えて
大島輝久(喜多流職分)

第5号2021(令和3)年7月

草紙ミニ版05号
継ぐということ
大島泰子

第4号2021(令和3)年6月

草紙ミニ版04号
大島衣恵が太陽劇団の能の舞と謡の指導をさせて頂いています!!

第3号2021(令和3)年6月

草紙ミニ版03号
催しとメディア出演のお知らせ

第2号22021(令和3)年5月

草紙ミニ版02号
初面(はつおもて)に想う
大島泰子

第1号2020(令和2)年11月

草紙ミニ版01号
「唐船」の帆に思いを託す
大島泰子
「唐船」を終えて
大島政允(喜多流職分)、大島輝久(喜多流職分)